【ブロガー必見】著作権を気にせず漫画の1コマを使用したい|サイト

漫画の1コマが使える 仕事

何気なくTwitter(ツイッター)やInstagram(インスタグラム)で漫画の1コマを貼った事はありませんか?


実はこの行為が著作権に反している事はご存じでしたか?


ツイッターなどでは黙認されている現状ですがブロガーなど収益目的の場合は最悪訴訟に発展してしまいます。


そこで安全に漫画の1コマを利用できるサイトを紹介しますので参考にしてください。

そもそも漫画の著作権とは

漫画の著作権とは

雑誌に載ったから著作権が発生する訳でなく、創作の漫画にも当然著作権はあります。


そもそも著作権とは『独占的な権利』という意味で他者に利用していいですよ又は絶対に使用するなと決定できる権利を持ちます。


著作権・出版権などの違反をした場合には以下の罰則有り

・10年以下の懲役

・1000万円以下の罰金

2点の何れかが適用。又は懲役+罰金など

有名な漫画村の著作権法違反裁判では懲役4年6ヶ月・罰金1000万円・追徴金6200万円とかなり重い判決が2021年に決まりましたね。


つまり漫画の1コマを利用する場合でも著作権は関わってくるので、収益目的で利用している方は特に気を付けましょう。

他のサイトやSNSで普通にコマを貼ってる事があるから別に大丈夫じゃない?

この意識は危険です。まったく調べずに使っている可能性が高いのでちゃんとした知識を身に付けてください。

漫画の1コマを使用する方法・サイト

以下のサイトのコマ(画像)を利用する事で著作権問題はクリアする事が出来ます。

何故著作権を気にせず利用出来るかと言うと、サイトの運営者と著者・出版社間で漫画の使用許可を取っているからです。

利用規約通りにコマの投稿をする事!

使用許可が出ている作品だとしても普通に使ったら著作権法違反となります。

使用できる作品や利用規約はサイトごとによって違うので注意してください。

アル

僕が最も利用させていただいているサイト。

使用できる代表的な漫画は

・進撃の巨人
・SPY×FAMILY
・かぐや様は告らせたい
・ちはやふる
・ゆるキャン△
・3月のライオン

他にもまだまだあります。

実際に投稿後はこのような画面。

漫画のコマ投稿見本

画像右下に自動で

①運営会社
②作品名
③作者・出版社

上記3点の印字が非常に重要でアル経由だから著作権は問題ないですよ。

このように著者・出版社の方が見ても判断して貰えます。

ブログへの貼り方は『ブログに貼り付ける』を押下し指示通りに埋め込めばOK

実際に貼ってみるとこんな感じです。

ね?簡単でしょう。

ちなみにコマ投稿はトリミング(一部だけ抜粋)する事が出来るので1ページ丸々の画像があれば画像を取り込んだ後に1コマだけ抜く事が可能。

マンガルー

最初に紹介した『アル』とは違う作品を取り扱っており使い分けが可能

使用できる代表的な漫画は

・カイジ
・アカギ
・ポプテピピック
・メイドインアビス
・テンプリズム

ざわざわ・・で有名なカイジやアニメでは毎月声優が変わった事で有名なポプテピピックなど色々とあります。

使用方法などに関しては基本アルで紹介した内容と同じですが、同様にマンガルーにコマを投稿した後にそのコマを使うようにしてください。

カイジなどのコマを直接ブログに貼ったら著作権法違反となるので注意が必要です。

マンガルーにもトリミング機能が付いており、1コマだけの画像を用意する必要が無く1ページ単位で画像があればトリミングが可能なので大分投稿が楽になります。

ブラックジャックによろしく(タダピク)

漫画『ブラックジャックによろしく』は著作権に関して特殊です。

2012年9月15日より作者の佐藤秀峰先生の意向でコマの二次利用が完全自由となりました。

簡単に言うと承諾無く自由に使えます。

但し当記事のようにサムネイルなどにセリフを変えてコマを利用する場合には以下の利用規約があるので注意してください。

○クレジットを明記する
「ブラックジャックによろしく 佐藤秀峰」の2点を明記してください。
(英語表記「Give My Regards to Black Jack SHUHO SATO」)

○砂糖漫画製作所へメールする
公開後、1ヶ月以内に佐藤漫画製作所宛(densho810info@gmail.com)にメールでご報告ください。

伝書バト 漫画のフリー素材「ブラックジャックによろしく」の使い方 より

太っ腹な佐藤先生のおかげで僕のような漫画好きブロガーは感謝しかありません。

何か好きなセリフと組み合わせて使用可能なので、重宝させていただいております。

著作権者に直接許可を取る

この記事を見ている方にとって現実的ではありませんがこんな方法もあります。

知り合いに漫画家が居る場合には直接許可を取るのもOK。

ダメ元で直接連絡してみよう!

このように考えず常識範囲内で行動してください。相手側に迷惑が掛かります。

著作権保護期間が切れた後に使用

使える場合でも数十年後なのであくまで知識として

著作権の保護期間は著作者の死後70年後までが原則

手塚治虫先生の作品を使用する場合でも1989年に亡くなられたので2060年1月からで無いと利用できません。

つまり実質ほぼ使えません(笑)

まとめ

漫画の著作権を気にせずブログに貼るまとめ
・無断でコマを利用した場合は著作権法違反の罰則が適用

・コマを利用する場合はサイトを経由して利用

・著作者と直接許可を取るやり方もある

似たような著作権問題はアニメやゲームでもあります。


普通にアニメの画像を貼っている場合にも同様に著作権法違反が適用される。

ゲームに関しては2021年現在Youtube・Twitterなどで配信する分にはほぼ認められている

(駄目なゲームもあるかもしれないのでよく調べましょう)

万が一訴訟を起こされたら多額の賠償金を支払う可能性もあるので注意をしてください。

コメント